安西農園の極上とうもろこし《未来5本》 ¥1,050-(税抜)
安西農園の極上とうもろこし《未来5本》 ¥1,050-(税抜)
安西農園の極上とうもろこし《未来5本》 ¥1,050-(税抜)
安西農園の極上とうもろこし《未来5本》 ¥1,050-(税抜)
安西農園の極上とうもろこし《未来5本》 ¥1,050-(税抜)
安西農園の極上とうもろこし《未来5本》 ¥1,050-(税抜)
安西農園の極上とうもろこし《未来5本》 ¥1,050-(税抜)
安西農園の極上とうもろこし《未来5本》 ¥1,050-(税抜)

フードサプライ

商品コード:FS-25

安西農園の極上とうもろこし《未来5本》 ¥1,050-(税抜)

¥1,134 [税込]

※配送エリア
【東京23区】 への配送のみ受注しております。

Internet Explorerをお使いの方は、画面表示に不具合が確認されておりますので、Microsoft Edgeもしくは、他のブラウザにてご利用ください。

【トップシーズンに入りました、生で食べて甘くて美味しい♬】

非常に甘く、また甘いだけでなく、独特の旨味が口一杯に広がる。単純な糖度だけでない、ジューシーで瑞々しい食感から、料理人をはじめ多くの食通に愛されている品種<未来>🌽作りやすいスイートコーン品種も増えたが、「味来」の甘さと食感は格別で、多くの人々を惹き付ける魅力があります♬

館山で美味しいトウモロコシが育つヒミツ
の地域特有の砂地。排水性が良く、常に大地が乾いていること。
「水分を採りづらいので、植物自体が一生懸命根を張るでしょ。水分含量が少なくなると甘みが凝縮する、フルーツと同じだよね。水分が多いとどうしても甘みがボケてしまう。

②日照時間。トウモロコシをはじめ、イネ科の植物には長い日照時間が必要で、館山は、日本有数の日照時間を誇っている。
「日照時間というと南の地域の方が長いように思われがちだけど、山梨の甲府や、静岡の掛川など、日照量の多い地域は日本中にあり、そういう地域にトウモロコシの産地が多い。」
安西さんが館山でトウモロコシ作りをはじめた理由も、この日照時間が決め手だったという。

③昼と夜の気温差。トウモロコシは昼夜の気温差が大きければ大きい程、栄養や甘みを含みながら成長してくれる。館山地域だと7月中旬まで、気温差が一番大きく、甘みが強くなる、まさに旬な時期とのこと。虫も少ない時期で、無駄な農薬を使わずに自然に育てやすい時期でもある。


安西さんの想いをセンチョクだから届けます!
とうもろこし🌽は、フルーツやトマトなどと違い、収穫後に熟して甘くなるということはないんです。収穫時が一番甘く採った瞬間から、少しずつ糖度は下がっていきます。
生でも美味しく食べれる収穫翌日には何としても届けたい!という安西さんの想いを卸業者が直接届けるセンチョクだから達成出来ました!

商品内容

内容量
千葉県館山市・安西農園
<未来>とうもろこし2Lサイズ5本
保存方法
冷蔵庫または冷暗所にて、鮮度劣化しないうちにお召し上がりください。
備考・ご注意事項
とうもろこしは熱を発する野菜です。
葉菜類と接さないようお気をつけください。

お客様の声


カート

MENU

MENU